資格取得

宅地建物取引士は独学でも無理ではない!社会人でも宅建を合格するには勉強時間はどのくらい必要?

スポンサーリンク

宅建の試験の独学は可能なの?
どのように勉強を進めれば、効率がよいの?

宅地建物取引士試験は国家資格の中でも難関資格であり、合格しようと決意したものの、どのように勉強すればよいのかわかりませんよね。
私も一回目の試験は参考書の一番はじめに書いてある民法をずっとやっていたため、一回目の宅建試験は全範囲を勉強することができず、落ちています。泣
最初こそつまづいた宅建の試験なのですが、いろいろな資格試験の中でも特に挫折と勉強法の改善を繰り返しながら、二度目の試験に独学にて無事合格をしました。
宅建に合格した際は、思わず合格通知書を握りつぶしてしまいました。笑
本記事では、私が宅建の試験を合格する際に費やした勉強時間や勉強の方法、勉強予定の管理の方法に着目して解説をしていきます。
この記事を読んでいただければ宅建試験の合格に向けて、効率よく効果的に勉強を進めていける内容となっています。
ぜひ、読者の皆様にも合格を掴んでいただき、合格通知書を握りつぶす感覚を味わいましょう!!笑

タカミあとりえは一体何者??
本業は建築士をしている私ですが、建築のみの知識だけではこれからの時代は非常に厳しいとは思い、実体験や学んだこと、トレンドニュースを中心に情報発信させてもらっています。
保有資格は「一級建築士、一級施工管理技士、宅建士」といった建築系に偏った国家資格をもっております。
資格取得に向けての勉強の効率化は、私の中でも悩んだ末に答えがでた方法となっております。

【宅建】宅地建物取引士は独学でも無理ではない!

結論からいうと、宅地建物取引士(宅建)は独学でも合格が可能です!
私も独学で合格をしているので実例のひとつです。
しかし、私も独学で一発で合格をしたのかというと。。一回目の試験は見事に落ちております。泣
なぜならば、試験範囲が間に合わず、点数になりにくい民法に多くの時間を費やしてしまい、すべての範囲の試験問題を解くことができなかったためです。
そこで学んだことは、宅建試験の勉強において、時間は有限であることは前提で、合格するためには試験勉強のテクニックや勉強のスケジュール管理も合格に深く関わっています。
宅建試験を受験されている受験者は、学生から忙しい社会人の方までいる試験です。
忙しい社会人が独学で合格するのに重要なことは、効率よく頻出のところを中心に満点を目指して勉強をすることです。
忙しい社会人の具体的にどれくらいの時間をかけて、どのように勉強を進めていけばよいのかを解説していきます!

社会人でも宅建を一発合格するには勉強時間はどのくらい必要?

結論として、私は400時間程度、独学で勉強をしました。
勉強をしていた状況としては、毎日、仕事のある平日は2時間の勉強を5か月間勉強をしました。
もちろん、仕事のない土日は6時間程度、図書館に出向いて試験勉強に取り組みました。

5か月中には外せない用事などがあり、一日も欠かさず勉強をしていたわけではないのですが、ほぼ毎日行うことができました。
ほかの方がどのくらい勉強しているかを調べるために、いろいろな資格学校や通信教育の情報もリサーチしたのですが、200時間程度との情報が圧倒的に多かったのですが、おそらく学習カリキュラムと自主学習の時間を合わせると400~500時間は費やして勉強しているのではないかと思われます。

スポンサーリンク

独学をするためにおすすめの勉強方法は?目標点数は?

宅地建物取引士の合格率および合格点

年度 受験者数 合格者数 合格率 合格点
平成27年 194,926人 30,028人 15.4% 31点
平成28年 198,463人 30,589人 15.4% 35点
平成29年 209,354人 32,644人 15.6% 35点
平成30年 213,993人 33,360人 15.6% 37点
令和元年 220,797人 37,481人 17.0% 35点

私がおすすめをする勉強方法は「宅建業法・法令上の制限」を中心にその科目については9割~満点を目指して過去問を解くことです。
宅建の試験でも用いた効率を上げる勉強方法はこちらの記事で詳しく書いております。

【忙しい社会人必見!】資格取得に向けた効率のよい勉強方法まとめ!

スポンサーリンク 会社から資格取得の命令が出たのだが、業務が忙しく勉強する時間がない。 資格を取得するまで会社から受験の案内の連絡が来るのだが、何とか今年で終わらせたい。 効率よく合格できる方法を教え ...

続きを見る

本記事では宅建の試験の特有の出題傾向、勉強をする方法を解説をします!

宅建試験の合格への攻略方法

宅地建物取引士試験ではすべて四肢択一の出題形式で、1問1点で50問出題される50点満点です。
おおよそ相対試験なのでなんともいえませんが、毎年35点付近が合格のボーダーになることが多い傾向となっております。

宅建の試験内容としては

・権利関係
・宅建業法
・法令上の制限
・税金その他

上記の4つ科目に分かれて出題をされています。
その中でも特に、「宅建業法・法令上の制限」は9割~満点を目指す科目になり、私も一番力をいれて勉強をした科目になります。
とくに宅建業法は科目の中で20点の配点もあり、最大の得点源となりえることはもちろんの事、勉強をすれば確実に満点を狙える科目であるからです。
特に「媒介契約・35条重要事項の説明・37条契約書面」は確実に毎年出る傾向があります。
また法令上の制限に関しては、例年50問中8問の出題なのですが、数字や専門用語を暗記してしまえば、確実に解答をすることができます。
似通った項目や数字も多いので、手書きで表にして筆記と視覚の両方を使って暗記したり、数字を埋める穴埋め問題を多く解いたりすることも効果的でした。
毎年出る傾向としては「都市計画法・建築基準法」が出題されているので、注目ポイントです。
民法、税法は勉強は6割の点数が取れるくらいに勉強をすれば良いと思います。
どうしても宅建業法・法令上の制限のほうが、試験での点数の取りやすさと、勉強のしやすさから優先度は高いです。

目標点数としては

試験科目 得点配分 目標点数
権利関係 14点 9点
宅建業法 20点 18点
法令上の制限 8点 6点
税その他 8点 5点
合計 50点 38点

上記の点数を目標点数として勉強に取り組んで合格をしました。

ちなみに私も宅建試験では試験当日に40点を取ることができました!
皆様の参考になれば、幸いです!!
私は独学なので独学でも合格は可能なのですが、より効率を上げる方法としては通信教育の「宅建」講座も有効です。

・宅地建物取引士の資格講座
STUDYing」の宅地建物取引士の資格講座に向けて、短期間で試験に合格した人々の勉強法を研究することで開発した宅建講座です。
従来の資格講座とは違い、仕事が忙しい方でも効率的に勉強ができるように、スキマ時間を活かした学習に最適化されています。
いつでもどこでも学習できるスタディングで、スキルアップ、転職、独立に生かせる人気の宅建士資格を取得しましょう!
宅建

【無料で資料を請求!】

STUDYingの宅建講座はコチラ

資格試験を勉強するためにはスケジュール管理(学習計画)が必要!

私の勉強のタイムスケジュールは
① 全期間 勉強目標予定表
② 1月間 勉強目標予定表
③ 1週間 勉強目標予定表
①から③に目標を設定していき、勉強目標をトップダウンをすることで、全体の目標を達成するためにどのように進めていけば良いか判断できる材料となります。

見にくい資料かつ一級建築士の際の資料で申し訳ありません。泣
宅地建物取引士の試験でも、同じようなスケジュール表を用いておりました。
仕事でも使用をしている簡単なバーチャート表なので、進捗が判断しやすいようになっています。
進捗線を引いて、自分の進捗具合を確認して、進捗が遅れている場合は修正をすることで、年間の目標を達成していきます。
当然、目標を達成できないときは、目標を引き下げます。余
力がある場合は、目標を引き上げて試験に望みます。
重要なのは、試験までの残りの時間に対してどのように調整をしていくかです。
残り時間が少なければ、問題集を解くよりも、解いて間違えたところのみをまとめるのも良いと思います。
また、資格取得の勉強でモチベーションを保つことも合格するうえでは必要なので、タイムスケジュールを設定することは、自己啓発につながります。

最後に

宅地建物取引士の資格は、私が初めて資格試験に挑戦をした今でも思い出に残っている試験です。
1回目は見事に落ちてしまったのですが、資格試験の落ちた際の何も残らなかった感は今でも覚えています。
それが悔しくて、二度目の試験では勉強方法をいろいろと試行錯誤をして合格をさせることができました。
その際に、試行錯誤をした勉強方法はほかの試験でも通用することも私の体験として、証明されており、「一級建築士、一級施工管理技士」でも、同様の勉強方法で合格をしております。

タカミがおすすめすする資格勉強の攻略方法はコチラ

【忙しい社会人必見!】資格取得に向けた効率のよい勉強方法まとめ!

スポンサーリンク 会社から資格取得の命令が出たのだが、業務が忙しく勉強する時間がない。 資格を取得するまで会社から受験の案内の連絡が来るのだが、何とか今年で終わらせたい。 効率よく合格できる方法を教え ...

続きを見る

最後まで、読んでくれた読者の皆様ありがとうございました!それでは!!

・宅地建物取得後にスキルアップとして別の資格を取得するのもおすすめです。

ブラック企業の特徴・見分け方を建設業のプロが解説!新卒、転職を有利に!

スポンサーリンク ブラック企業に入りたくないけど見分ける方法を知りたい! せっかくブラック企業から抜け出したのに、次は絶対にホワイト企業に就職したい。 就職や転職先の企業が「ブラック企業」なのか見分け ...

続きを見る

スポンサーリンク

-資格取得

Copyright© タカミ あとりえ建築 , 2021 All Rights Reserved.